介護福祉士養成大学連絡協議会発足

介護福祉士養成大学連絡協議会会長挨拶

介護福祉士養成大学連絡協議会 第六期会長挨拶

 第六期会長を務めます、日本社会事業大学の下垣 光と申します。
本会は2008年に設立され、10周年を迎えております。この間、第一期・第二期古川孝順先生(会長校:東洋大学)、第三期佐藤富士子先生(会長校:大妻女子大学)、第四期荏原順子先生(会長校:目白大学)、第五期宮内寿彦先生(会長校:十文字学園女子大学)と続き、加盟している会員校と共に本会の活動を積極的に展開してきました。今回、第六期の会長校として日本社会事業大学が引き継ぐことになりました。
 我が国において、要介護状態の人に対する自立支援や介護サービスを担う介護人材は量的に需要を満たしているとはいえず、また認知症高齢者の増加は、質の高い介護人材の確保を必要としています。認知症の人への介護だけでなく、その介護家族の負担、様々な障害への対応や終末期ケアなどの介護ニーズは複雑化・多様化・高度化しています。そのような現状のなかで、より良いケアや自立支援をおこなうために介護過程を展開し、多職種と連携・協働により専門性を発揮する介護人材として介護福祉士は期待されています。
また、平成31年度から施行される新カリキュラムでは、介護福祉士は介護職の指導・育成や介護現場のチームリーダーになることも求められています。大学教育における介護福祉士の養成は、まさにそのような資質を有する高度な専門職養成として期待されています
 本会の目標は、「介護福祉教育に関する研究開発及び知識の普及に努め、時代の要請に応える大学教育のあり方を探求すること」です。そのために会員校間の教育に関する情報交換、さらに教育内容及び方法に関する研究の促進、全国およびブロックの会員校の研修の充実、国家試験対策としての「e-learning」の強化を活動の柱としていきます。また、関連諸団体である日本介護福祉士養成施設協会、日本介護福祉士会との情報交換や連携、介護福祉士養成大学の教育を社会に周知していきます。第六期会長校として、本会の目標を達成すべく努めてまいります。皆様のお力添えをいただきますようお願い申し上げます。

平成30年7月7日
介護福祉士養成大学連絡協議会 会長
日本社会事業大学 下垣 光